ASHLEY HOWARD | CERAMICS
Aro Ha_0986.jpg

ASHLEY HOWARD

 
 

ASHLEY HOWARD

 
 
 
Ashley Howard at the Leach Pottery, 2014

The work of Ashley Howard remains extraordinarily fresh. He is an assured but rigorous explorer and celebrant of the past, clearly indebted to a variety of ceramic traditions, but he has been able to absorb these ideas into a very modern, resourceful and uncommonly free language of his own. 

- David Whiting, writer and critic.

 

アシュリー・ハワードの作品は驚くほどその新鮮さを失わない。彼は過去のものへの揺るぎない、しかも厳しい眼をもった探究者であり、賛美者である。そして多彩な陶芸の伝統の恩恵を明らかに受けながら、彼自身の極めてモダンで機知に富んだ、稀なる自由な表現の中に、それらのアイディアを見事に取り込むことに成功している。 

-  ディヴィッド・ワイティング:ライター、評論家

 
 
 
 

Context and placement steer the thinking behind Ashley Howard’s work. He has always been fascinated by ritual and ritualistic vessels, and has maintained a dialogue between Far-Eastern and homespun ceramic traditions which address his fascination with ceremony. Reflection through making is key to both his research development and teaching. Ashley is primarily a maker, and he is intrigued by the instinctive and intuitive engagement between maker and material. He is interested in exploring the architecture of the vessel, its surface and its relationship with the human and the spatial environment.  Ashley is a member of the International Academy of Ceramics.

制作の背景と配置されること、それらによって、アシュリー・ハワードの作品は、背後にある思考へと導かれる。彼は昔から儀式と儀礼用の器に惹きつけられており、儀礼に魅了されることを拠り所に、極東アジアとヨーロッパ両方の陶芸の伝統との対話を続けてきている。つくることを通じての影響は、彼の研究の発展と教育、双方の鍵となっている。なによりもまず作り手であるアシュリー・ハワードは、作り手と素材との本能的、あるいは直観的な関わり合いに好奇心をかき立てられる。彼は器の構造、表面、人とのかかわり、そして置かれる環境などを探究することに興味を寄せているのだ。

 
 
 
 

For all enquiries regarding work for sale, please contact agents J&J Rawlin Ltd.